» 外壁改修工事

外壁改修工事

常に風雨にさらされる外壁は、屋上と並んで損傷が激しい部分です。さらに地震などの影響で「亀裂が入った」大きな地震が起きた場合、このままで大丈夫か?」といったご相談を多くいただいております。
亀裂や劣化を放置しておくと、そこから雨水などが侵入し、漏水はもとより建物躯体そのものの強度低下の原因となります。また、外壁の亀裂やタイルの浮きなどは、小さな衝撃でも破片が落下する恐れがあります。万が一、第三者に危害を与えてしまうと、建物所有者は管理責任を問われることもあります。新日本創建では、剥落防止処理、クラック(ヒビ)補修など、あらゆる外壁のトラブルのご相談をお受けいたします。

外壁トラブル、こんな症状はか?

  • トラブル01

    タイルが浮いています。少しの衝撃で落下する危険があります。

  • トラブル02

    シーリング材が劣化しています。漏水の原因となったり、緩衝効果が低下します。

  • トラブル03

    外壁に亀裂が入っています。

新日本創建おすすめの改修工法

タイル剥落防止工法

外装タイル張りは、耐久性と高級感を両立した外壁仕上げとして、商業ビルやマンションなどで広く採用されています。外装タイル張りの物件の増加に伴い、タイルの剥落事故も少なからず報告されており、建物の安全管理上大きな問題となっています。当社ではタイル張りの美しい意匠性を損なうことなく、阪神・淡路大震災レベルの揺れでもタイル剥落を防ぐ、タイル剥落防止工事を行なっております。

構成と剥落防止メカニズム タイル剥落防止工法 施工の流れ
穿孔・アンカー打ち込み・プライマー塗布・主材塗布(1層目)・主材塗布(2層目)・主材塗布(3層目)・トップ塗布(一層目)・トップ塗布(2層目)
  • 透明度の高いアクリル樹脂で、タイルの意匠性や風合いを活かします。
  • 阪神淡路大震災クラスの揺れでも、タイルの剥落を防ぎます。
  • 部分改修・全面改修の両方に対応可能です。
  • 最長10年!メーカー(組合)と施工会社のダブル保証で安心です。

外壁改修工事の施工実績

最重要ライフライン貯水タンクを劣化から守る!
工事名
水道貯水タンク改修工事(神奈川県小田原市)
施工内容
ウレタン塗膜吹付工事
  • BESTEM
  • AGC
  • 神奈川県建設防水事業協同組合
TOP