» 大規模修繕工事

大規模修繕工事

大規模修繕工事は、10~15年おきに外壁・防水・設備工事などを、マンション全体で同時に行う大規模な工事です。建物は建てた瞬間から劣化が始まります。
劣化した箇所を補修し、劣化速度を遅らせることと、それに伴う資産価値低下を防ぐことが大規模修繕工事の大きな目的です。大規模修繕工事は管理組合・住民・施工会社など関係者が一丸となり、進めていく必要があります。
「高い施工技術」、「数多くの実績」を誇る、新日本創建へ ぜひご相談下さい。

大規模修繕工事の施工ポイント

  • 屋上防水工事
  • 外壁改修工事
  • シーリング工事
  • 開放廊下改修工事
  • バルコニー改修工事

屋上防水工事

屋上は普段上がることができないマンションが多く、劣化が発見されにくい箇所のひとつです。排水溝が詰まって水溜りができていたり、防水層の剥がれや浮き、雑草の繁殖など、多くのトラブルが潜んでいる可能性が高いため、定期的な点検が欠かせません。屋上防水の修繕方法としてはウレタン防水、アスファルト防水、シート防水などがあり、既存の防水方法によって修繕方法を選択します。

外壁改修工事

外壁のひび割れやタイルの剥離等は放っておくと、突然剥落し大きな事故につながる恐れがあります。また、ひび割れから水が浸入し建物の劣化を早めます。このようなことを防ぐために、外壁改修工事でひび割れや剥落防止のための補修や美観維持のための塗装塗り替えなどを行います。

バルコニー改修工事
開放廊下改修工事

バルコニーや開放廊下は、日常生活の中でも頻繁に使われる場所であり、床部分の劣化及び損傷も顕著にあらわれます。床部分に水が溜まったり、水漏れにより下階とトラブルになるケースも見受けられます。
改修工事の際は、頻繁に使用する場所のため、なるべく工期短縮できるような改修方法を選びます。またベランダ改修工事ではセキュリティ面にも気を配る必要があります。

シーリング工事

シーリングとはサッシ枠と壁、コンクリート接合部などに軟性のあるシーリング材というものを詰め込むことです。劣化すると右写真のように浮き上がったり亀裂が入り、水が浸入します。修繕工事におけるシーリング工事は、既存のシーリング材を撤去・清掃し、新たなシーリング材を注入します。

大規模修繕に「プラスα」の安心を

大規模修繕工事中は、施工会社や職人など、不特定多数の人が出入りします。それに乗じて不審者が侵入する事例もあり、住民の方より心配する声も聞かれます。新日本創建では工事関係者全員にベストの着用を義務づけ、ひと目で区別できるよう配慮をしています。
また、大規模修繕工事中とはいっても住民にとっては日常生活の場です。工事予定や注意事項の掲示、住民の方とのコミュニケーションなど、住民への負担を最小限にするための心遣いも怠りません。
施工の綺麗さ・丁寧さはもちろん、「安心」を感じていただくことも、大規模修繕の大切な要素であると考えています。

大規模修繕工事の施工実績

老朽化した建物の全面改修でリフレッシュ!
工事名
某社員寮改修工事(神奈川県秦野市)
施工内容
屋上下地調整及び防水、バルコニー防水、外壁改修
  • BESTEM
  • AGC
  • 神奈川県建設防水事業協同組合
TOP